カードキャッシング

日本においてはキャッシングを行う主な方法として、カードを使ったものが多くあります。
これはとても便利な方法でありますが、実は最近になってこの法律が変更されました。
その法律変更について抑えておくべきポイントは二つありますので、その二つをご紹介しましょう。
まず1つ目としては、キャッシングの限度額が決められるようになりました。この限度額は人によってまちまちであり、それを決定する基準であるのが年収となっています。この年収の3分の1がキャッシングできる上限額となっていますので、注意しておきましょう。
そしてもう一つの改正点としては、上限を超えた借入を行う場合は収入証明書の提出が必要となる点です。その限度とされているのが、100万円以上の借入でありますので、もし高額な金額のキャッシングを行うのであればその点についての意識も必要となってくるでしょう。
これらの変更点があることからも、一般的なカードを使用したキャッシングを行っている人は、常日頃のお金の借り方を変える必要が出てきたと言えるのです。
しかし、逆に言ってみればこのような制限が生まれてきたことによって、安心してお金を借りられるようになったとも考えられます。
特にカードでキャッシングを行う際は、その便利さからどんどんと歯止めなくお金を借りようとしてしまうものですので、一旦この法律の改正を意識した上で、今現在の自分のキャッシング方法を見直す良い機会にすれば良いでしょう。