キャッシングの金利

キャッシングの分割払いにおいては、金利の計算が大切になります。
借りている金額に対するパーセンテージは変わりませんが、金額が大きければ大きいほど、パーセンテージが同じでも支払わなければならない金額の量が増えていきます。
利息は毎月計算されるために、一カ月に返す量が多ければ多いほど、短期間に支払えば支払うほど、長期的に返すよりも返済額が少なくなります。
キャッシングの分割払いでは、現代ではリボルビング払いがメジャーです。
リボルビング払いとは、毎月定められた最小限の金額以上を支払い続けるという返済方法です。
この返済方法では、余裕のある時は決められた金額以上を返済し、余裕が無い場合には最小限の返済額を支払うという返済方法を行うことが出来ます。
分割払いでは、金利の計算が大切になります。金利が同じでも借りている金額が大きければ大きいほど、その返済しなければならない額が増えてしまいやすくなってしまいます。
例えば10万円を借りていて金利が10%の場合には、ひと月で11万円になってしまいます。
これが11万円の場合には12万1000円となるのです。
そのため返済期間が長ければ長いほど、一回の返済額が少なければ少ないほど、金利による返済額の合計が多くなってしまうのです。
キャッシングでは無理の無い返済計画を立てる必要があります。そのためには出来るだけ早く全額を返済できるようにすることが大切です。
長期間でゆっくりと返すよりも、短期間で返しまた必要な時に利用する、という方法がキャッシングでは重要になります。